2007年03月06日

人身傷害保険そんぽ24

人身傷害保険は自動車事故によるご契約者・ご家族のおケガを補償いたします。人身傷害保険には様々なメリットがあります。

示談交渉を待たずに保険金をお支払い


相手のある事故では、示談交渉の結果を待って、相手に賠償額(相手の過失分)を請求します。相手が支払ってくれるまでは、賠償額を受け取ることはできません。人身傷害を付ければ、示談交渉の結果を待たずに相手の過失分とご自身の過失分をあわせてそんぽ24から保険金を受け取ることができます。

実際の損害額を補償


搭乗者傷害では定額補償のため、ご自身の過失による損害額が定額を超えた場合にはその差額はお客さまの自己負担となります。人身傷害ならご自身の過失分も含めて実際の損害額がご契約の保険金額を限度に補償されます(加害者からの賠償金等と重複しては支払われません)ので、経済的な安心が得られます。

単独事故の場合も安心

相手のいない事故で、全額ご自身の過失による損害となる場合でも、ご契約の保険金額の範囲内でもちろん補償されます。
お車を降りているときも安心
ご契約者とご家族につきましては、ご契約のお車に乗車中の事故だけではなく、歩行中や自転車走行中の自動車事故も補償されます。また、バスやタクシーなどの他の車にお乗りの際の事故も補償されます。

休業を余儀なくされた場合も実損分をカバー


自動車事故で仕事を休まなければならなくなった場合、人身傷害では休業損害として、お客さまの収入を元に損害額を算出しお支払いいたします。

人身傷害と搭乗者傷害の補償の違いは、人身傷害が実際の損害額(実際にかかった入院費・治療費等)を補償するのに対し、搭乗者傷害は実際の損害額にかかわらず一定額(入院日額7,500円/通院日額5,000円などご契約時に定めた金額)を補償することです。安心の補償には、人身傷害保険をおすすめいたします。

posted by そんぽ24 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | そんぽ24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35387027

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。